カードローンの意味は?

カードローンとは個人向けの小口融資のことを指します。本来のカードローンの意味としては、キャッシュが現金という意味合いがあり、日本における現金を貸し付けるサービスの総称として使われてきましたが、一般的には個人向けの小口融資を行うサービスを指しており、大口融資の場合にはローンとも呼ばれ区別される傾向にあります。
以前は銀行では個人向けの小口融資であってもローンという名称を好んで使っており、消費者金融やクレジットカードなどではカードローンという名称を好んで使っていたこともあって、イメージとしては銀行からお金を借りるサービスはローン、消費者金融やクレジットカードなどのお金を借りるサービスはカードローンといった意味がありましたが、消費者金融などではローンという名称も使うようになっており、その境界は明確なものではないことに注意する必要があります。
いずれにしてもカードローンでは、ローンと比べると個人向けの小口融資に特化しているものがほとんどであり、大口融資の場合には専門のローンを利用するのが一般的です。また個人向けの小口融資といってもその用途は自由なものが多く性質としては、現金をすぐに用意できるといったものになります。このため、利便性に優れますがそのぶん、金利が高めに設定されています。また返済に関しても比較的自由な方式を採用していることが多く、おおむね60回程度の返済回数を設定することができます。