銀行のキャッシングローンは金利が低くく安心度が高い

銀行のキャッシングローンは、それ以外の金融機関から借りるよりも金利面や安心感などで優れています。

まず金利面ですが、消費者金融などのキャッシングローンと比べると低いです。
金利には貸したことによる利息のほかに、貸した金銭の回収が出来なくなった時の保証料が含まれています。
この保証料を貸した人から少しずつ徴収します。そして返せなくなった一握りの貸付に対する損失に充当します。
全員が返せなくなるということは現実的にありえませんので、これで十分損失が賄えます。

通常、適用される金利はいくつかの階層に分かれています。
金利には保証料が含まれていますので、より確実に返済してくれるだろうという人には安い金利で貸すことができます。
銀行と消費者金融、どちらから借りようとなった場合、大抵の方は前者を選ぶでしょう。
それでも借りられない、という人が消費者金融から借りることが多いためそこに審査の厳しさの違いが出ます。

次に安心面です。
消費者金融から借りるよりは圧倒的に安心感があります。
返済が遅れた場合の取り立ても、銀行は社会的に重要な立場であり、信頼のうえに仕事が成り立っている業種ですので悪質な取り立ては出来ません。最近は電話での督促が多いようです。家まで押しかけてくる、ということはほとんどありません。
利用するためのATMも普段から利用している金融機関であればどこに配置されているのか分かりやすいのもメリットのひとつです。
参考サイト